FC2ブログ

院長のひとりごと

鍼灸・指圧治療院の院長が日々考えることをつづります。

うどん

2006-12-22-Fri-13:09
うどん


昨晩、急にうどんが食べたくなり、
夕食をとった後だというのに
ついつい自分でつくって食べてしまいました。


私の生まれは
「讃岐うどんの本場」
四国の高松市です。

子供の頃「うどん」といえば
生活の一部に入り込んでいるようなものでした。

なにしろ昼食といえばうどんというのが
当たり前のようでしたから。

その中でも今思い出される“うどん”の一番の思い出は
まだ四国が今のように瀬戸大橋でつながっていない時代
連絡船やフェリーに乗るたびに船上で食べた
“うどん”でしょうか。

薄味のだしに
ちょっと甘いうすい油揚げ
うっす~いカマボコに
たっぷりのねぎとかつおぶし

妙においしかったものです。


今思えば連絡船やフェリーに乗る時というのは
“ちょっと遠出する時”
しょっちゅう食べていたにもかかわらず
あれだけ美味く感じたということは
その時の状況というのも影響していのでしょうね。
もちろんそこのうどんが本当に美味かったのかもしれませんが・・・

今では昔のように頻繁には食べなくなりましたが、
どこかに出かけ帰ってきたりしたときや
ふと落ち着いたとき
昔のことを思い出したときなど
発作的に無性に食べたくなるときがあります。

昨晩もその発作が起こってしまったようです。

院長の治療院
http://www.nen-ei.com/
RREVHOME NEXT