FC2ブログ

院長のひとりごと

鍼灸・指圧治療院の院長が日々考えることをつづります。

医療費控除

2007-02-19-Mon-18:09
確定申告の時期になりました。

私も長年自営業者として
青色申告をして参りましたが、
毎年この申告が終わらなければ
なんとなく仕事に集中できないのです。

税金を納めるということは
日本人の義務です。
日本の為にもしっかりと
納めなければいけません。

しかしながら、
個人的にはなるべく少なくしてもらいたい
と願うのは私だけではないはずです。


実は、
知っているか、知っていないか
ということだけで
税金を納める金額が変わってしまうということがあります。

「所得控除」

この言葉は聞いたことくらいはありますか。

私もプロではないですので詳しくはないのですが、
このシステムを活用することで
納めるべき税金の額が低くなる可能性があるのです。

税金は多く払ってしまっても
申告をしなければ多い分は戻ってきません。

税務署だって多い分にはなにも言ってきません。
(少なければ言ってきますが・・・)


さて、その所得控除のひとつに

「医療費控除」

というものがあります。

詳しくは省略しますが、
医療費を多く払った人に関しては、
所得税を納める額が少なくて済む可能性があるのです。

実は、その“医療費”の中には
鍼灸マッサージによる治療も
対象となります。

但し、疲れを癒したり、体調を整えたりといった
治療に直接関係のないものは含まれません。

もし、あなたが医療費をたくさん払っているのでしたら、
申告をすることで還付されるかもしれません。

対象となる条件は
1年間の“医療費”が
10万円もしくは所得の5%
を超えている場合です。

思い当たる方は申告してみましょう。

申告には領収書など明細が分かるものが必要なようです。
当院でも必要な方には領収書を出しております。
もらい忘れた方はお申し出ください。

院長の治療院↓
http://www.nen-ei.com/
RREVHOME NEXT