FC2ブログ

院長のひとりごと

鍼灸・指圧治療院の院長が日々考えることをつづります。

春の彼岸

2014-03-18-Tue-18:41
春の彼岸
「暑さ寒さも彼岸まで」と云われるように
今日は春の彼岸の入りです。

今年は例年に無く寒さが厳しかったですね。
二度の大雪で来院に支障があった方もいました。

でも「お彼岸」と聞くと何となく春が来たナーと嬉しくなります。
サクラもそろそろ開花の準備にかかるようです。
昨日あたりから気温も上昇しています。


私、3月に入ってもけっこう忙しくしています。
遠絡医学の勉強の方は2月から始まったCS訓練コースを受けています。
月に1回のペースで3月も受講しました。
(写真はCSの認定書です)

今月は「脳卒中後遺症」と「五十肩」をテーマに学びました。
来月は「糖尿病」「膝痛」ですが、業界の総会に重なって参加できません。

本当は学びが優先なのですが、
私は沼津の保険鍼灸マッサージ師会の会長職です。
会長が総会を欠席するわけにはいきませんよね。
今、悩んでいるところです。


月に2回、Dr.KOの下で勉強することは大変意義あることです。
何十人で聴く講義は学習定着が数パーセントだと言われていますが、
その点、1対1の対話式が能力を磨くのに最適です。

その上、磁場法則(鉄が磁石と一緒にいると磁力を帯びる)が働き、
先生の強い磁力が一緒にいるだけで自分を成長させてくれるようです。


院長
http://www.nen-ei.com/
RREVHOME