FC2ブログ

院長のひとりごと

鍼灸・指圧治療院の院長が日々考えることをつづります。

関節可動域測定訓練

2014-11-17-Mon-18:06
関節可動域測定訓練
昨日の日曜日、私が会長を務める沼保会のセミナーを開催しました。

テーマは「関節可動域測定と評価表の作成」です。
関節拘縮などの患者さんをリハビリ訓練して
どれぐらい良くなってきたのかを客観的に測定する。

3か月に一度は測定して評価表に記入する。
医師や他の医療関係者にも成果がわかるようにと報告書に添付したらということで、
今回のテーマにしました。

午前中いっぱいの時間でみんな熱心に学びました。


午後は沼津から東京・銀座へ
遠絡療法のCS訓練でした。
「冷え性、末梢のしびれ」と「術後疼痛症候群」の2つの内容で
4時間学んできました。

今日からの臨床ですぐに使えるもので、本当に有り難い思いです。


今年の講習は予定通り昨日で終了です。
頭の中を整理して、次の休みには温泉へ行こうと思っています。


院長
http://www.nen-ei.com/
RREVHOME NEXT